• HOME
  • カーテン採寸方法

カーテンの採寸方法・カーテンサイズの決め方

腰高窓

幅 –  ランナーの端から端までの長さを測ります
高さ –  ランナーの下から窓枠下までの長さを測ります
枠下10~15㎝程長くするとバランスが良いようです。

掃き出し窓

幅 –  ランナーの端から端までの長さを測ります
高さ –  ランナーの下から床までの長さを測ります
ドレープ(厚地)カーテンは、計測寸法からマイナス1cm程度引いてご指定ください。

出窓(正面付けの場合)

幅 –  ランナーの端から端までの長さを測ります
高さ –  ランナーの下から窓台までの長さを測ります
高さは実寸より10㎝程長くするとバランスが良いようです。

出窓(天井付けの場合)

幅 –  ランナーの端から端までの長さを測ります
高さ –  ランナーの下から窓台までの長さを測ります
出窓(天井付け)に関しては実寸そのままの高さでご指定ください。

幅に関しましては、上記の通り測った長さに5%程のユトリを加えた数値を製作寸法としてご指定ください。
ご指定寸法㎝=(実測寸法×1.05)㎝

カーテンレールの採寸方法

カーテンレールを測ってください。カーテンレールの長さはフックの「右端の穴から左端の穴」です。

一般的な場合
左右の一番端にある、固定ランナー(固定されたフックの穴)の距離を測ります。

アイアン・木製カーテンレールの場合
左右の一番端のリングの距離を測ります。左右の飾りやキャップは含めず測ってください。

レースカーテンの場合

ドレープカーテンの裾からレースカーテンが見えてしまわないように、ドレープカーテンより1cm短くすることをおすすめしています。

カーテンの開き方について

カーテンの開き方を両開き(2枚仕立て)と、 片開き(1枚仕立て) どちらかをご指定いただきます。
両開きとはご指定のサイズを2枚に分けることになります。

例:180cm幅のカーテンをを両開きでご注文の場合、幅90cmのカーテンが2枚できます。幅90㎝の片開き数量2でご発注した場合と同じになります。