【EV充電器】マンション・アパート!<実質0円導入>充電インフラ補助金2024

EV充電器設置トップクラスの実績!
宣伝費 + 補助金で0円宣伝設置 全国募集!

  • HOME
  • 【EV充電器】マンション・アパート!<実質0円導入>充電インフラ補助金2024・マンションEV充電運営・課金方法

東京 八王子店 まもなくオープン予定!

マンション・アパート・月極駐車場 EV充電器 メイン画像

スマートリハウスEV 選べる2機種! 3Kwタイプ・6Kwタイプ

EV充電コンセント3Kwタイプ

・充電ケーブルはEV車載ケーブルを使用する為、ほとんどのEVに対応可能。
・ケーブルや半導体なども使用していないので低コストで20年近い使用を期待できます。
・キュービクルやデマンド無しで最大11基設置が可能です。(入居者様の部屋とEV充電器直接接続の場合、最大20基可能)
・1時間充電の走行距離目安 日産サクラ27Km走行分 日産アリア21Km走行分
・課金方法:①メーター管理・②スマートリハウスEVおまかせ管理
・補助金対象上限:20基迄

おすすめ導入場所:集合住宅(マンション・アパート)・月極駐車場など

不向きな導入場所:商業施設・コインパーキング等、利用者の多い共有駐車場

6KwEV充電器

EV充電器6Kwタイプ

・3Kw充電器より2倍速く充電可能です。
・1時間充電の走行距離目安 日産サクラ54Km走行分 日産アリア42Km走行分
・交換目安10年
・キュービクルやデマンド無しで最大5基設置が可能です。
・課金:①メーター管理 ②スマートリハウスEVおまかせ管理 ③スマホQRコード決済
・補助金対象上限:駐車場9区画まで1基、10区画以上で2基迄。

おすすめ導入場所:宿泊施設(ホテル・旅館等)・商業施設・ゴルフ場・コインパーキング等、利用者の多い共有駐車場

不向きな導入場所:集合住宅(マンション・アパート)・月極駐車場など

補助金+宣伝設置(残りわずか) 2024年は全3回予定。予約受付中!

1回目R5追加:充電インフラ補助金申請期間2024年3月15日~3月31日迄
交付決定時期5~6月頃
実績報告10月末迄
1回目分 弊社予定枠を超えましたので3月15日受付終了いたしました。
2回目分をご検討ください。
2回目R6第1期:充電インフラ補助金申請期間2024年5~6月頃迄
交付決定時期7月中旬~8月頃
実績報告締切11月末迄
実質0円宣伝設置は2回目R6第1期分(150基)で関東エリア以外終了いたします。
3回目R6第2期:充電インフラ補助金申請期間2024年8月~9月中旬
交付決定時期11月~12月中旬
実績報告締切1月末迄
実質0円宣伝設置は関東エリアに限ります。
EV充電器補助金は申請が複雑な為、お問合せから補助金申請まで2ヵ月前後必要です。
今回は、先着順ではなく設計や価格の審査により採択されます。
補助額や条件、競争率など毎回厳しくなるていますので、早めの導入が有利です。
EV充電器設置エリアトップクラスの実績!スマートリハウスEVにお任せください!
※電線不足により2024年1回目R5年追加分は、150基を目安に締め切らせていただきます。
また地域も東海・中部・関東エリアに限定させていただきます。資材の供給が戻りましたら全国対応させていただきます。
※2023年秋実施令和5年予備費から基礎充電は集合住宅以外の月極駐車場・事務所・工場などのEV充電器は対象外となりました。
集合住宅もいつ対象外になるかわかりません。対象の今がチャンスです!
※0円宣伝設は、宣伝効果審査があります。審査可否の理由はお答えできませんので、予めご了承ください。

マンションEV充電器 設計・施工例公開中

名古屋市天白区 サンヒルズ昭和花壇様 6基
名古屋市天白区 グランドコート植田様 9基
名古屋市東区 ハイツ東大手様 2基
名古屋市中川区 SRKビルディング様 8基
名古屋市緑区 クインテッド浦里様 9基
名古屋市緑区 レ・アベール様 4基
名古屋市名東区 牧の里マンション様 5基
愛知県尾張旭市 グランセラン様 6Kw×1基
愛知県尾張旭市 グランドステージ桜ヶ丘様 16基
三重県鈴鹿市 セントリバー1様 5基
三重県鈴鹿市 セントリバー2様 5基

SMART RE HOUSE EV
宣伝費 + 国の補助金で実質負担0円~EV充電設備を導入して頂けます!他社のアプリやカード決済の通信課金タイプと違い月額料もかかりません。

5つのポイントパソコン用の画像
スマートフォン用の画像

マンション・アパート・月極駐車場など
急加速するEVシフトで近い将来、EV充電設備の有無は物件選びの大きなポイントとなることでしょう。
全ての駐車場に自費でEV充電設備を設置するには莫大な費用がかかりますが、今なら補助金約8割+弊社宣伝費約2割を活用する事で実質0円導入可能です。

EV充電器は沢山の機種・工事方法・管理運営方法があります。
設置場所や目的により適切な機種・工事・管理運営方法が異なります。
本ページはマンション・アパート・月極駐車場のオーナー様向けページです。
(その他商業施設・会社・個人住宅などのお客様はメニューより各専用ページをお選びください)

マンション・アパート・月極駐車場のご利用者様でEVご購入をご検討で、駐車場オーナー様へEV充電器を設置していただきたいお客様もスマートリハウスEVへご依頼いただけましたらオーナー様への交渉を代行またはお手伝いをさせていただきます。
駐車場オーナ様はEV充電器5台以上最大11台迄なら実質0円で導入可能です。
(5基以下の場合は一部自己負担がございます)

マンション空室で悩む男性―オーナー PC用画像
マンション空室で悩む男性―オーナー スマホ用画像

人口減少!年間約80万人!
賃貸空室率は、東京都約14%・千葉県約20%・埼玉県約18%・神奈川県約16%・愛知県約16%・岐阜県約25%・三重県21%と増加傾向です。
自宅マンションで就寝中に充電完了できるEV充電器付の物件は人気物件になることが期待されています。
逆にEV充電器が無い物件は選ばれにくくなるかもしれません。
東京都では2025年4月から新築マンション・ビルにEV充電器が設置義務になります。
新築物件に更に人気が集中して既存物件の空室率が増加することが予想されます。
無料Wi-Fi・宅配BOXに加えEV充電器も今後の人気アイテムになるでしょう。

EV普及まだ先と思っていませんか?

日本でも本格的にEVシフトへ
2010年の日産リーフの発売からまもなく14年経ち3代目リーフは航続距離550Kmに達します。
2021年度の日本のEV販売台数は輸入車含めて約2万5千台程度でしたが、
2022年度は約7万9千台と3倍以上に伸びました。
かつてガラケーからスマホへ急転換したようにEVシフトもあっという間でしょう。
数年後に自己負担で充電器を導入する場合、高額な投資が必要です。
全額補助される今この機会に是非ご検討ください。

消えゆくガソリン車 急増するEV

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

太陽光発電と風力発電を背景に走る電気自動車

地球温暖化対策で2030年代を目途に日本を含めた世界各国でガソリン車等の新車販売が禁止や規制される予定です。
さらにガソリン価格高騰や高額補助金の後押しもありEV(電気自動車)が急速に普及しています。
2022年の自動車販売におけるEV/PHV比率はノルウェー80%以上スウェーデン50%以上、イギリス、フランス、ドイツでも20%以上と伸びています。
かつて携帯電話・スマートホンが急速に普及したようにEVも身近な存在になりつつあります。
ガソリン車生産中止

自動車の廃車サイクルは10年ちょっと20年後にはガソリン車が激減する可能性があります。

PCガソリン車が減る↓ガソリンスタンドが減る値上がりする↓近所にガソリンスタンドが無くなり自宅充電可能なEVシフトが急加速する(ガソリンは輸入に頼るしかありませんが、電気は国内(自宅)で作ることが可能です。)
mbガソリン車が減る↓ガソリンスタンドが減る値上がりする↓近所にガソリンスタンドが無くなり自宅充電可能なEVシフトが急加速する(ガソリンは輸入に頼るしかありませんが、電気は国内(自宅)で作ることが可能です。)

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

自動車業界は100年に1度の大変革期

環境資源対策や新技術の革新などでEVシフトが急加速しています。
時価総額で2022年6月に中国BYDがドイツフォルクスワーゲンを抜き3位になるなどEVの勢いが凄い!
これで1位と3位がEV専門メーカーとなりました。
1位テスラ(米国) 2位トヨタ自動車(日本) 3位BYD(中国)

 

今だけ実質0円で導入可能ですパソコン用の画像
今だけ実質0円で導入可能ですスマートフォン用の画像

1基30~80万円かかる充電器を充電インフラ補助金約8割と弊社の宣伝費約2割で全額補助します。

充電売上は全額オーナー様の収入です
充電売上は全額オーナー様の収入です

EV充電売上は設置管理会社と分けるのが一般的ですが、スマートリハウスEVは1円も頂きませんので、全額オーナー様収入になります。
また、充電料金もオーナー様に自由に決めていただけます。

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

一般的な充電料金の徴収方法は、クレジットカードやアプリ決済の為、決済手数料がかかります。
その他、携帯電話のように通信月額基本料金もかかるため空き駐車場があると赤字になりますが、スマートリハウスEVの推奨徴収方法なら月額基本料金も決済手数料も必要ありません

EV充電器維持管理費が最安水準
V充電器維持管理費が最安水準

一般的なケーブル付EV充電器の交換目安は約10年です。
充電ケーブルは雨や日差しでヒビ割れが起こりやすく屋外では交換が早くなります。
また、手で持つ充電ケーブルに漏電するヒビがないか等の管理する必要がございます。
更に高速充電になるほど半導体や変圧器の寿命も短くなる傾向がありランニングコストが高額になる可能性もございますが、
スマートリハウスEVの標準プランは、充電ケーブルはEVの車載充電ケーブルを利用するタイプの為、オーナー様がケーブル管理や維持をする必要が無く手間とコストがかかりません。
更にスマートリハウスEV標準のEV充電設備本体には、半導体やプリント基板も使用していませんので、故障発生率は限りなく低く、期待寿命も一般的なEV充電器の約2倍と高耐久です。

ソーラーカーポートで充電中のEV
ソーラーカーポートで充電中のEV

スマートリハウスEVなら充電に必要な電気も実質0円ソーラーカーポートで賄うことが可能で、売電収入も期待できます。
さらに屋根付き駐車場は人気も高く賃料UPも可能です。

マンション駐車場にはケーブル付きよりコンセントタイプがおすすめ!

WK4422

鍵付だから安心!充電ケーブル盗難防止!

ケーブルをコンセントに挿して蓋を閉めて鍵をかけるとケーブルを持ち去れません。
コンセントカバーを開いたまま(専用)電源プラグを挿入します。コンセントカバーを離すとプラグにロックがかかります。保護カバーを閉めます。

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

 

  スマートリハウスEV充電器ポールにEV充電器2口を取り付けた写真 マンション駐車場の壁に3基のEV充電器が設置された写真

導入例 愛知県 EV充電コンセント + スマートリハウスEVポール × 7基

 

導入例 岐阜県 EV充電コンセント × 5基

私たちは最高品質を目指しています!

マンション駐車場には個別設置がおすすめ

個別型

個別の駐車スペースに充電設備を設置するので入れ替えの手間なし!就寝中に充電完了!。

通常なら予算面でシェア型を1~2台導入してみようかと思われるかもしれませんが、スマートリハウスEVなら最大11台の個別設置しても

なんと実質0円で導入可能です!
オーナー様にも導入コストと維持費、耐久年数などの面でもメリットが多く、共有充電スペースの占有問題や入居者様同士のトラブル管理
リスクも少ない個別設置がおススメです!

6台以上の駐車場には3Kw充電器がおすすめ!

6Kw充電器なら最大5台しか設置できません(低圧契約)

 

 

×集合住宅の各部屋の分電盤から各駐車場への送電は補助金対象外です。
(※予備費2023年9月4日受付開始分は対象となりました。コラムをご覧ください

〇共有電源分電盤から各駐車場への送電は補助金対象です。

マンション月極駐車場にシェア型はトラブルになりやすく向きません!

※宿泊施設・商業施設・ゴルフ場・飲食店などはシェア型がおすすめです。
シェア型

共用スペースなどに充電設備を設置し、複数の人で順番に利用していきます。専用スペースの用意が、必要になります。

充電イラストシェア型

① 予約時間まで自分の車庫で待機
② 充電終了後に移動
③ クレジットカードやアプリ等で利用料金を課金する

マンション・アパートの共有駐車場の充電器設置には注意が必要!
数台の充電器を不特定多数で共有するシェア型はコインパーキングや公共施設など向きです。

月極駐車場の場合、通常帰宅してから翌朝にかけて夜間充電しますがリーフの場合で満充電に10時間前後かかります。
仮に共有スペースに2基設置しても1日に満充電換算最大リーフ4台分しか充電できません。
朝、昼、夜、夜中と効率よく利用できれば良いのですが、充電したい時間が集中しますので現実には稼働率は半分程度です。
例えば19時に帰宅して充電開始、翌朝4時に充電完了しても直ぐに移動してくれるとは限りません。
あるいは、19時に充電して5時間で完了した場合、深夜0時にわざわざ移動しに行かなければいけなく、とても不便です。
1時間分の充電で8時間共有駐車場を占有されたとしてもコインパーキングと違い充電した1時間分しか徴収できません。
仮にアプリで予約管理しても時間どうりに移動してくれなければ住民同士のトラブルになりかねません。
現時点ではEV利用者も少なくシェア型充電器は稼働率が低いので問題も少ないのですが、今後EV普及が進むと利用者数と充電設備のバランスが
崩れトラブルが起きやすくなると予想されます。
シェア型は30分で充電できる50Kw以上の急速充電器向きで、3Kw・6Kwの普通充電器の月極駐車場には個別設置がおすすめです!

集合住宅で6EV充電器・シェア型・課金型導入時の注意点ご承諾書

充電料金の課金方法は主に3種類<赤字にならないように要注意!黒字化のポイントを詳しく解説>

①電力使用量メータータイプ

マンション・アパート・月極駐車場などの個別設置におすすめです。
共有駐車場のシェア設置には不向きです。

メリット
・使用した電力量を正確にカウントできる。
・自由に料金設定可能。
・課金アプリやカードと違い月額料が必要ない。
デメリット
・毎月の検診と請求管理が必要
・充電利用者様の支払い延滞の懸念がある

スマートリハウスおまかせ管理

マンション・アパート・月極駐車場などの個別設置専用プランです。
スマートリハウスEVが検針・徴収代行を行います。

メリット
・使用した電力量を正確にカウントできる。
・料金を自由に設定可能
・集金代行により手間なく管理可能です。
・空駐車期間は基本料金の減額サービスがあります。
デメリット
・充電利用者様の支払い延滞の懸念がある
・基本料金が発生する

③QRコード決済・カード決済タイプ

主に時間貸し駐車場や店舗駐車場などのシェア型で利用されています。
マンション・アパート個別設置には不向きです!

メリット
・料金を自由に設定可能です。
・集金の手間もなく管理が簡単です。
・即時決済の為、集金が確実。
デメリット
・専用通信回線が必要なので月額1,000円~5,000円の基本料金が発生するので利益が出にくい。
・月極駐車場は利用者様が入れ替わったり空き期間がありますが、その間も基本料金が発生します。
月単位で開通と閉鎖が出来ればよいのですが、期間の縛りや事務手数料などもかかり月極駐車場には向きません。

日本でも本格的にEVシフトへ

2021年度の日本のEV販売台数は輸入車含めて約2万台程度でしたが、
2022年5月発売のEV日産さくらは約2か月で2万3千台販売されました。
ガソリン高騰のなかEVはガソリンの約1/5の燃料費(電気代)で経済的!
高額補助金も人気に拍車をかけています!

EV充電器設置はビジネスで勝つための必須アイテム

他社との差別化と経費削減は重要課題です!
社用車1台のガソリン代が月5万円の場合、EVなら月1万円ですみ4万円の節約になります。
さらにオイル交換も必要なく年間50万円以上の節約になります。
10台所有している会社なら年間500万円がEVシフトするだけで節約できます!
その分を価格還元したりサービス向上の経費に充てることもできます。
来客型店舗やマンション、月極駐車場などでもEV充電器を設置していなければライバルに奪われてしまします。
近い将来EV充電器が「有るか」「無いか」は大きな差になる可能性があります。
もしも数年後に補助がなく全額自己負担で導入しようとすれば普通充電器でも1基15万円~50万円(平均25万円程度)
5基で125万円程度かかり、かなりの負担になり導入をあきらめたり悪循環になりかねません!
旧式のビジネス環境で最新のビジネス環境を整えているライバル企業と戦っても結果は明白です。

今なら自己負担0円で導入可能!

情報を知っているか知らないかで明暗が分かれます。
将来のEV充電器の重要性と今なら自己負担0円で設置できるという事実!
EVを所有していなくても大丈夫です!
特に駐車場が5台以上ある方は是非この機会にご検討ください何台付けても実質0円です!
他社のようにレンタルやリースではありませんので月額料も必要ありません!
他社のようにアプリも利用しませんので通信費などの年間利用料もかかりません!
エリアトップクラスの実績のスマートリハウスEVへお任せください!

比べてください自己負担額!他社と数百万円の差になることもあります!

オリジナル商品開発・販売・施工一貫体制だから補助金上限以下で自己負担0円~を実現!
補助金は、基礎・配線・機器・図面・看板など各項目ごとに上限が決まっています。
例えばコンセントタイプをポール設置する場合、メーカーオプション品だと補助金上限を3万円前後オーバーして
自己負担となり、10基だと30万円もの自己負担になりますが、
スマートリハウスEVは複数基設置に効率とコストを考慮し独自開発したポールを使用します。
大量生産し個包装フィルムやパッケージを無くすことにより製造過程や輸送中にスレや傷がある場合がございますが、補助金上限内に収めることを実現しました。
さらに1本に前面・背面へと2基設置も可能で、左右駐車スペースの送り配線も容易な工夫がされ補助金上限内で自己負担0円が可能です。
その他にも補助金上限内に収まるようにオリジナル商品開発や工法・設計のシステム化など自己負担0円を実現する独自のノウハウが沢山あります。
マンション・アパート・社用車用・月極駐車場など5基以上の基礎充電工事では他社と数百万円の自己負担の差になることもあります。

 

充電gif
次回2024年4月20日21日三重県イオンモール東員に話題のEVが勢揃い!
スマートリハウスEV(中部エコサービス)はEVライフスタイルに協賛しています。
静かで加速も最高!ガソリン高騰や環境対策で人気急上昇中のEV!試乗もできます!
弊社はEV充電器・V2H・ソーラーカーポート・各種補助金の相談会などを行います。
入場無料是非ご来場ください!
様々なタイプをご用意しています。

関連ページ

マンションでEV充電している写真、マンション向けEV充電器の補助金説明
停電ライト側面ライトと東部ライトが点灯している写真

テレビCM