【東京都八王子市】補助金情報!太陽光発電・蓄電池・V2H・マンション用EV充電器・エコキュートなど徹底解説!

八王子市の太陽光発電・蓄電池・V2H充放電器・ソーラーカーポート他補助金情報 施工方法や導入費用など

  • HOME
  • 【東京都八王子市】補助金情報!太陽光発電・蓄電池・V2H・マンション用EV充電器・エコキュートなど

東京都八王子市で補助金活用して蓄電池・太陽光発電・V2Hなどを導入可能です!

八王子市は、全国でもトップクラスの充実した子育て支援や福祉などの行政サービスがあります。
その中に「再生可能エネルギー利用機器等設置費補助制度」があります。

八王子市補助制度の概要
この補助金は、再生可能エネルギーの普及促進に向けて、太陽光発電システム(リチウムイオン蓄電池システム)、太陽熱利用システム、木質ペレットストーブを市内の住宅、事業所に設置する個人、中小企業者等に対して補助を行います。

①太陽光発電 1Kw当り1万円で上限10万円

太陽光発電システムと併せて設置する以下の機器
※太陽光発電システムと同時導入の場合に限ります。蓄電池のみ設置する場合や、既に太陽光発電システムを設置している住宅・事業所に蓄電池を追加する場合は対象外です。

②リチウムイオン蓄電池システム  3万円

③太陽熱利用システム ・自然循環式5万円  ・強制循環式10万円  ・空気集熱式10万円

④木質ペレットストーブ  上限10万円(1/2)

注意:新品に限ります。リース契約、PPA契約は対象外です。新規設置に限ります。機器が既に設置されており、同種の機器を更新・増設する場合は対象外です。

 

 

八王子市補助金の申請の流れとポイント

手順1 交付申請は2024年4月15日から先着順です。
申請方法は3パターンあります。
Aオンライン手続きシステム
B郵送(追跡可能な方法)
C窓口提出

手順2  八王子市から交付決定後に着工
※交付決定前に工事すると補助金が交付されませんのでご注意ください。
東京都補助金を併用する場合は、東京都補助金申請後に売買契約を行う必要があります。(申請日と契約日が同日可能です)

手順3 実績報告
工事完了日から一ヵ月以内または2025年3月17日のいづれか早い日迄です。
期限の延長は出来ませんので注意が必要です。

※この八王子市補助金は、八王子市に住民票のある方が八王子市の地元業者に発注する条件があります。
その為、八王子市所在以外の業者では補助金を交付いただけません。

 

地域密着!
本ページは、八王子市補助金や国の補助金を活用して、お得に魅力的な機器を導入する方法を解説しています。
また、具体的に機器の導入をご検討の方へは、最安挑戦価格で機器のご提供や補助金申請代行などのお手伝いもさせていただきます。

東京八王子店  八王子市横川町520-15(陣馬街道沿い)

八王子店の相談カウンター

創った電気を使う、売る、貯める ソーラー蓄電システム
進化した太陽光発電システム
これがあれば停電も怖くない
point1

光熱費を節約

point2

停電など災害対策 自給自足で生活できる

point3

環境資源問題に貢献

ソーラー蓄電池 最大358万円補助

ニチコントライブリッド、太陽光発電、蓄電池、V2Hの配置図

ソーラー蓄電池10Kw+16Kwhで上限358万円補助!実質0円導入! 

最大発電例01 パソコン用の画像
最大発電例01 スマートフォン用の画像

最大発電例02 パソコン用の画像
最大発電例02 スマートフォン用の画像

最大発電例03 パソコン用の画像
最大発電例03 スマートフォン用の画像

 

機種や設置環境によって異なりますが、条件が合えば、補助金と発電収益で設置可能です!
お申込金0円!補助金ほぼお支払い可能です!
足りない分は発電収益で楽々クレジット払い!

無料現地調査 スマートリハウス 0120-876-876

※2023年11月分で計算、東京電力スマートライフプラン35.96円/kwh、燃料調整費9.47円/kwh、再エネ賦課金1.4円/kwh、合計46.83円
※全量自家消費として計算、年間発電金額及び25年発電金額は2023年11月分を年数に乗じた単純値であり、実際は電気料金等の変動があり合計額も変動します。
※自家消費と売電の割合は、ご使用状況により異なり、売電が増えると発電金額は減る可能性があります。
※太陽光発電は関東エリア(東京23区以外)南向4寸勾配設置、パワコン変換効率96%として算出しており、設置環境や機種により異なります。
※回収期間3年∼は南向4寸発電パネル10Kw蓄電池16Kwh全量自家消費、特価商品設置し補助金最大額獲得した例であり回収期間は、機種・電気使用状況・設置環境等により異なります。
※お住まいに合った機種の選定を行い発電シミュレーションをご依頼ください。
※陸屋根は架台と防水工事に追加補助があります。

 

V2H・蓄電池担当 松井ミリカ
2018年入社。国家資格の電気工事士二種を保有しています。
2022年度は、V2H契約100契約以上の担当をさせて頂きました。
お送り頂いたお写真や図面を元にお客様のご要望に添ったご提案をさせていただきます。
機種選定から補助金申請までお手伝いさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

私たちは最高品質を目指しています!

国の補助金活用してV2H・EV充電器・電気自動車などを導入可能です!

国からも暮らしに役立つ様々な補助金が用意されています。
刈谷市の補助金と国の補助金と両方頂ける場合もあります。
人気の補助金は、数か月前から準備して待っている方も多く公募開始直後に満了する傾向です。
国の補助金や刈谷市の補助金を活用することで、わずかな自己負担で導入できる可能性があります。

 

エコキュート補助金

エコキュート

補助金額:定額5万円

経産省・資源エネルギー庁
高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金

・交付申請期間:2023年3月31日~2023年12月31日迄(先着順)
・事後申請制(工事完了後に申請します)

こちらの補助金は、「給湯省エネ事業者」から購入して申請する事で獲得できる補助金です。
個人で申請は不可です。
「給湯省エネ事業者」のスマートリハウスにご依頼ください。

エコキュートからエコキュートへの交換価格  工事費込
・給湯専用タイプ:30万円~50万円位
・フルオートタイプ:35万円~70万円位

ガス給湯器からエコキュートへの交換価格  200V工事費込
・給湯専用タイプ:40万円~70万円位
・フルオートタイプ:50万円~90万円位

受付中!:スマートリハウス0120-876-876

ガス給湯器からエコキュートへ給湯費最大80%節約のページはこちら

エコキュートからエコキュートへ交換 最安挑戦のページはこちら

V2H補助金

V2H補助金個人115万円、法人170万円、行基浅井安価格

V2H

補助金額:上限115万円
V2HEVなどへ充電したり、EVから家へ電気を放電できるシステムで、節電や停電対策に人気があります。
国のV2H補助金は2種類ありタイミングが合えば、刈谷市のV2H補助金と両方獲得可能です!
①NeV次世代自動車振興センター執行 CEV補助金
V2H普及を目的としており工事費40万円、機器の1/2も補助される高額補助金です。
これまで過去2回ありましたが人気の為、公募開始後、早期終了しています。

②SII環境共創イニチアシブ執行 DER補助金
V2H+EVを利用した実証事業型補助金です。
年末から年始にかけて設置したV2Hを使用してEVから送電線網へ放電実験を行います。
10月1日現在受付流です!

※V2H補助金は大人気の為、募集が始まってから見積もりや契約をしていては、間に合わない可能性が高く、次回の募集に向けて早くから準備している方が沢山います。
また、高額補助金は、普及初期だけなので、あと何回あるか不明です。

受付中!スマートリハウス0120-876-876

【V2H全国】人気機種を最安挑戦価格でご提供!補助金申請もお任せください「CEV補助金」「DER補助金」のページはこちら

【V2H】全10メーカー19機種一覧・価格・特徴・補助金額を徹底解説のページはこちら

【ニチコンV2H】7モデル比較!価格・特徴・補助金・最適機種の選び方!EVパワーステーション・トライブリッドの違いとは?のページはこちら

CEV穂預金

話題のEVが10台以上並んでいるポスター

クリーンエネルギー自動車導入促進補助金

NeV次世代自動車振興センター執行 CEV補助金

EV/PHEVなどの電気自動車系に高額補助金があります。
EVのエネルギー費用はガソリン車の1/2程度の経済性です。
これまで、ガソリン代が月に2万円かかっていたら、およそ1万円に節約できます。
深夜電力割引で充電すれば、更に半額近くなるので、2万円が5千円程度に節約可能です。
究極は太陽光発電充電することで環境にも家計にも優しくなります。
補助金対象車種は約90車種もあります!全車種一覧はこちら

補助金額上限
給電機能が無い車両:65万円
BMWIX65万円、ジャガーIペース65万円など
給電機能付き車両:85万円
レクサスRZ450e85万円、ベンツEQE/EQS85万円、日産リーフ85万円、トヨタプリウス55万円など
給電機能付き+高度な安全運転支援技術車両:92万円
日産アリア92万円

弊社では対応しておりません。
各自動販売ディーラー様へお問い合わせください。

こどもみらい住宅支援事業(住宅リフォーム)

「こども」がいない世帯も対象です。
子育て支援・カーボンニュートラル実現の為の国土交通省管轄の補助金です。
新築・リフォームが対象ですが、リフォームについてご紹介いたします。

補助金額:5万円~60万円(対象リフォームを組み合わせて最低5万円以上必要です)

終了しました。

エコキュート補助金

エコ住宅設備の設置補助金

・太陽熱温水器:24,000円
・高断熱浴槽:24,000円
・高効率給湯器:24,000円
・節水型トイレ:掃除しやすい機能付19,000円、機能なし17,000円。
・節湯水栓:5,000円

子育て対応改修

・ビルトイン食器洗機:19,000円
・掃除しやすいレンジフード:10,000円
・ビルトイン自動調理対応コンロ(IH):13,000円
・浴室乾燥機:20,000円
・宅配ボックス:住宅用10,000円・共用個別10,000円
・防犯性向上に資する開口部改修:17,000円~43,000円
・生活騒音への配慮に資する開口部の改修:2,000円~32,000円
・キッチンセットの交換を伴う対面化改修:86,000円

空気清浄機能・換気機能付きエアコン

・2.2Kw以下:19,000円
・2.2Kw~3.6Kw未満:2,200円
・3.6Kw以上:24,000円

外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

・外壁:部分断熱51,000、全体102,000円
・屋根・天井:部分断熱18,000円、全体36,000円
・床:部分断熱30,000円、全体60,000円

開口部の断熱改修(ガラス・窓・ドア)

・ガラス交換:2,000円~8,000円
・窓交換(内窓設置):14000円~21,000円
・ドア交換:28,000円~32,000円

バリアフリー

・手すり:5,000円
・段差解消:6,000円
・廊下幅等の拡張:28,000円
・ホームエレベーターの新設:150,000円
・衝撃緩和畳の設置:17,000円

その他
・耐震改修:150,000円

充電インフラ補助金

急速なEVシフトが始まっています!
2030年代には世界中でガソリン車の新車販売禁止などの規制される予定です。
日本でも20230年までに30万口のEV充電器設置を目標にしています。
刈谷市でもEVが急増しています!
こちらは個人ではなく事業者向け補助金のご紹介です。

事業用EV充電器補助金

事業用EV充電器補助金 店舗・ホテル・美容院・飲食店などの【目的地充電】

補助金額目安:導入費用のおよそ8割前後

経産省管轄
NeV次世代自動車振興センター執行 充電インフラ補助金【目的地充電】
・対象工事のほぼ全額、普通充電器本体の1/2、およそ8割前後が支給されます。
・導入基数の上限:駐車場9区画まで1基、10区画以上は最大2基。

こちらの補助金は、店舗やコインパーキング、ホテルなど多くの業種が対象で、集客UPや充電売上も得られる可能性があります。

今なら実質0円で導入可能です。
国の補助金約8割に加え、今なら残り約2割を弊社から宣伝費としてお支払いいたしますので実質0円で導入可能なプランもあります。
(宣伝費のお支払い条件として、導入事例として公開させていただくことと、充電設備へ弊社ロゴなどの広告物が入る場合があります)

受付中!:スマートリハウス0120-876-876

事業用EV充電器補助金【最新情報】充電器の種類・課金方法・実質0円導入方法・EV充電ビジネス運営方法など徹底解説 ページはこちら

マンションEV充電器補助金

マンション・アパート・月極駐車場・事務所・工場などの【基礎充電】

補助金額目安:導入費用のおよそ8割前後

経産省管轄
NeV次世代自動車振興センター執行 充電インフラ補助金【目的地充電】
・対象工事のほぼ全額、普通充電器本体の1/2、およそ8割前後が支給されます。
・導入基数の上限:最大20基

こちらの補助金は、マンションやアパート等の月極駐車場オーナー様や企業の社用車用駐車場などに設置するEV充電器が対象です。
東京都では2025年から新築集合住宅へのEV充電器設置が義務化されました。
刈谷市や既存のマンションに設置義務はありませんが、今後充電器が無い物件は人気が下がる可能性があります。
高額補助金は普及初期だけで、既に対象条件や支給額の減額が始まっています。
あとから自己負担で導入するには金額が大きいので、今のうちにご検討ください。

今なら実質0円で導入可能です。
国の補助金約8割に加え、今なら残り約2割を弊社から宣伝費としてお支払いいたしますので実質0円で導入可能なプランもあります。
(宣伝費のお支払い条件として、導入事例として公開させていただくことと、充電設備へ弊社ロゴなどの広告物が入る場合があります)

受付中!:スマートリハウス0120-876-876

【EV充電器】マンション・アパート!<実質0円導入>スマートリハウスEV!補助金・運営・課金のページはこちら
【EV充電器】賃貸マンション・アパート・月極駐車場へ実質0円導入方法!補助金・課金・運営・など徹底解説!のページはこちら

補助金は知っている人だけが得します

補助金は知っている人だけが得します

ご存じですか?
ふるさと納税やコロナ給付金なども利用や申請をしなければ恩恵を受けられません。
景気対策や環境対策などを目的に国・都道府県・市町村から様々な補助金や助成金が交付されています。
EV補助金などはメディアでも話題になりやすく、ご存じの方も多いかもしれませんが、それ以外にも給湯器やトイレ・エアコンなど色々な商品に補助金が出ています!
しかし、購入時に自動的に補助金が適用されることもありません。
補助金は種類により申請方法が異なり数日で終了するケースや手間がかかる理由などから補助金をお勧めしないお店や知らないお店も多いのです。
せっかく補助金があるのに多くの方々が利用できていないのが実情です。

スマートリハウスなら補助金申請も全力サポート!

補助金サポートチーム

補助金によって、「契約前の事前申請タイプ」や「納品後に申請するタイプ」「購入者様に直接交付されるタイプ」や「販売店に交付されお客様へ間接的に還元されるタイプ」など様々です。

「納品後に申請するタイプ」は、10万円以下の低額補助金に多く1回の申請で済みます。
申請方法も簡単なケースが多く、お客様ご自身で申請しやすいのが特徴です。

「事前申請タイプ」は高額補助金に多く契約前と納品後の2回の申請が必要です。
申請方法も複雑な様式が多く専門知識が多少必要になります。
契約前に補助金申請を行ない審査の結果、減額や不採択になる場合もあり満額受給するには知識とテクニックが必要な場合もあります。

補助金対象商品は自己負担額の比較が大切!

本体・工事費・材料費・労務費など細かく補助率や上限額などが設定されているタイプでは、設計力や見積積算力が必要で、
同じ商品、同じ補助金でも業者によって補助金額や自己負担額が変わることは珍しくありません。

契約金額が安くても補助率が低く自己負担額が高くなる例
A:契約金額100万-補助金獲得金額80万円=自己負担額20万円

契約金額が高くても補助率が高く自己負担額が少なくなる例
B:契約金額110万円-補助金獲得額100万円=自己負担額10万円

これは知識・経験・情報収集力などで差が出ます。

上記のほかにも補助金ごとに機器、材料費、労務費など複雑な規定がある場合、どのような設計や積算をするかで補助獲得額の差になるわけです。

スマートリハウスなら補助金代行をはじめ国・県・市区、満額獲得を目指し全力サポートさせていただきますので安心してご相談ください。

スマートハウス
一般的なEV充電器は、[建物⇒EV]へ充電するだけですが、V2Hとは(車Vehicle 2to 家Home)は[建物⇔EV] 双方で充放電することが可能です。

仕組み

万が一の停電時は、電気自動車に蓄えた電力(3kVA/6kVA)をご家庭で使うことができます。また太陽光発電が稼動している場合は、停電時でも電気自動車に充電できます。
停電時でも3kVA/6kVAの電力が使用可能

夜間電力を活用し電気料金を低減

安い夜間電力を電気自動車に充電し、昼間に使うことで電気料金を抑えることができます。

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

2030年頃を目途に内燃機関車(ガソリン車等)を販売禁止や規制する国が増える予定です。
それに向け各自動車メーカーはEVシフトを急速に進めています!
近い将来EVが大半を占めて、EV充電設備は集客や社用車運用の必須アイテムとなる事が予想されます。
しかし、設備投資が高額な為、あとから全額自己負担で導入するのは大変です!
「あの時にやっておけば良かった~」と後悔しないように是非この機会にご検討ください。
ガソリン車生産中止

自動車の廃車サイクルは10年ちょっと20年後にはガソリン車が激減する可能性があります。

PCガソリン車が減る↓ガソリンスタンドが減る値上がりする↓近所にガソリンスタンドが無くなり自宅充電可能なEVシフトが急加速する(ガソリンは輸入に頼るしかありませんが、電気は国内(自宅)で作ることが可能です。)
mbガソリン車が減る↓ガソリンスタンドが減る値上がりする↓近所にガソリンスタンドが無くなり自宅充電可能なEVシフトが急加速する(ガソリンは輸入に頼るしかありませんが、電気は国内(自宅)で作ることが可能です。)

月4万円のガソリン代が8千円に削減できて3万2千円も節約!年間38万円もお得になります!5年でEV車が購入できるほどの削減効果が見込まれます!
(削減費で導入可能な中古EV車のご購入もお気軽にご相談下さい)
通勤に自家用車をお使いの方の走行距離は月に1,000km、年間12,000km程度だと言われています。

 

※1 お持ちのガソリン車の燃費を12Km/Lとした場合の試算です。※2 資源エネルギー庁石油製品価格調査を参考(2022年4月)174円。 ※3 日産リーフ(JC08モード)の場合。 ※4 中部電力従量電灯Bで試算(2022年4月)28.46円。

様々なタイプをご用意しています。

 

対応メーカー

対応車種

日本車 日産[リーフ(新型・旧型)、e-NV200]、TOYOTA[プリウスPHV]、三菱[i-MiEV、ミニキャブMiEV、アウトランダーPHEV]、ホンダ [fit EV/、アコード プラグインハイブリッド、CLARITY PHEV]
外車 テスラ[ロードスター/テスラ モデルS/、モデルX/]、BMW[i3/BMW i8/BMW X5 xDrive40e]、AUDI[A3 e-tron]、 メルセデス・ベンツ[S 550 e long、C 350 e AVANTGARDE、GLC 350e]、ポルシェ[パナメーラ4E-ハイブリッド、カイエンSE-ハイブリッド]

関連ページ

マンションでEV充電している写真、マンション向けEV充電器の補助金説明
停電ライト側面ライトと東部ライトが点灯している写真

テレビCM